お母さんのためのドラマセラピー

お母さんが心と身体をホッとさせ、笑顔になるための時間です。

 

 

 

この時間は、お母さんが心と身体をリラックスさせ、笑顔になるための時間です。

 

 

日本のお母さんたちはみんな、家事や子育てや日々の仕事で毎日大忙しですよね。

余裕がなくなってくると、新たな視点に立つことが難しくなり、自分自身の枠組みの中だけで物事を処理しようとしがちです。

 

 

しかし、ドラマセラピーは、別人になり別の視点で物事を見つめるチャンスを与えてくれます。

 

 

この時間の中では、お母さんに自分の子供の役になってもらったり、全く別の設定で自分の物語をやっていただきます。

すると、思いもよらなかった新たな気づきを得たり、理解が深まったりするのです。

 

 

ドラマセラピーの中でもたらされる気づきや理解は、親子間や家族間の関係性を変え、絆を深めていく鍵になると私は思っています。

 

 

特に、お子様が難しい問題を抱えているお母さんは、ぜひ一度いらしてください。

 

 

ニューヨークで自閉症、ADHD、発達障害、不安神経症、緘黙症、不登校といった子供たち&その保護者に対してドラマセラピーを行ってきた経験を生かし、ナオミがサポートさせていただきます。

 

 

 

 

 

日時:5/5(こどもの日)Zoomで親子ドラマセラピーを開催!

 

オンラインでの開催です。どうぞ、お気軽にご参加ください。

 

 

時間:10時〜11時半

 

 

対象:年長〜小学校6年生までのお子様と、その保護者のペア

 

お子様2人、3人とご参加希望の方は、どうぞご連絡ください。

 

(親子ワークを体験したいという教育&福祉関係の方は、お一人様での参加OKです。お問い合わせください。)

 

 

 参加費用 :親子で 4,000円  

 

 

持ち物:以下を1人1つずつご用意ください

 

  1.  新聞紙

 

  2.  自分が大事にしているもの1つ(おもちゃ、本、ペン、など)

 

  3.  首や手に巻けるくらいの大きさの布1枚